スズキ ジムニー

1970年誕生以来、あらゆる悪路走破にこだわり、力強く、そして自由に走れることを楽しむために妥協を許さず、何度も開発・改良を重ねたのが、スズキジムニーです。
ジムニーは1970年販売開始をした、4輪駆動の軽自動車です。
簡素で頑丈な構造な為、用途としては主に、山岳地域・積雪地においての生活用車両やパトロールカーや郵便集配車としても用いられることや、山道や砂浜での走行にも耐えることから、林道や釣りを目的としたレジャードライブにも用いられている。
約40年近い歴史で数回もわたり、細かい改良は多いものの、モデルチェンジはわずか2回しかなく、モデルライフが長いのが特徴であることから、継続的に生産販売されている商品等に与えられる特別賞でもある「2008年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞したこともあります。
現在でも、悪路を前提とした走りを意識して、路面からの衝撃を効率よく分散、吸収するために、前後サスペンションのコイルスプリングとショックアブソーバーを分離させたり、サイドのフレームをクロスメンバーで補強したラダーフレームにすることで、振動や突き上げを低減して、常に安定した走行性能を可能にしています
また、走行中にスイッチで、2WDから4WD(4H)の切りかえが快適に行なえる、ドライブアクション4X4や、ハイパワーと粘り強いトルクを発生させる、DOHCインタークーラーターボエンジンを搭載しているので、ヒルクライム競技など悪路走行を前提としたアマチュアモータースポーツにも出場することもが多い車です。


結婚