スズキ スイフト

水泳選手の北島康介さんが出演をしていることで、話題になったスズキスイフト。
2000年に初代スイフトを発表しました。
小型車として燃費が良く、室内が広く乗降しやすいなどの理由から、警察車両としても導入されています。
その後2回のフルモデルチェンジをして、2010年に3代目のスイフトを発表しました。
「More SWIFT(もっとスイフトに)」という、キーワードの元、旧車で評判が良かったエクステリアや運動性能等の部分を残しつつ、プラットフォームを軽量・高剛性に優れた形に開発をして、ホイールベースやトレッドも拡大したことで、直進安定性・旋回性・居住性を高めました。
また、身につけていれば、リクエストスイッチを押すだけでドアの施錠・解錠ができる携帯リモコンや全面UVカット機能が付いているガラスを付けることで、機能性の充実感や強い日差しでの紫外線を気にせずに快適な運転ができます。
そして、SRSエアバッグシステムやセキュリティアラームシステムの搭載で、車の衝突や盗難防止などの安全性も考えていることから、2011年1月には、世界累計販売台数200万台を達成し、国内だけではなく、海外からの人気を得ていることがわかります。
8月には、ムダな燃料消費を抑制するために、アイドリングストップシステムを採用されたことで、JC08モード燃費で1.2km/L向上され、21.8km/Lの低燃費を実現することで、環境性能の向上を図りました。
また、エコドライブインジケーターを搭載することで、燃費効率が良い運転状態になると、メーターパネル内のエコドライブインジケーターが点灯して、ひと目でエコドライブを確認することができます。
環境に優しく更なる進化を遂げていることで、よりスポーティにより楽しい運転を追求したのが、この3代目のスイフトなのです。


結婚